宿泊関係者向け研修

※この研修は終了しました

研修会の様子

当日研修会に参加できなかった方にも、研修会の様子を一部のみ動画で閲覧することができます。
下記のバナーよりIDとパスワードの入力のうえ、ぜひご覧くださいませ。

ログインID:Hokkido0001
ログインパスワード:Hokkido0001

当日の研修内容

宿泊施設の営業担当者、企画担当者および観光関連事業者を対象として、外国人観光客の受け入れに関する最新の情報提供と、現状における課題を探り、その解決策にせまります。

【前半】講師:澤 功

倒れかかった下町の小さな旅館を、積極的に外国人旅行者を受け入れることによって再生するとともに、全国各地で外国人旅行者の待遇方法などを説明して、宿泊施設が外国人旅行者を受け入れる際に抱く危惧を払拭することに努め、外国人旅行者の受入促進の啓蒙を図っている。

【前半】講師:荻村 哲朗

阪神淡路大震災ではボランティア・NGOのネットワーク構築に協力し、外国人被災者支援NGOの設立・スタッフ養成に関わる。「災害と地域社会」をテーマに阪神淡路大震災や東日本大震災を調査し、防災も復興も地域社会に元々ある資源=問題解決能力を発掘、活用する「ないものねだり」ではなく「あるものさがし」から始める「まち(=日常)づくり」が大切且つ有効であると考えている。

帯広会場

日時 11月27日(火) 14:00〜16:00 受付開始13:30※終了しました
応募締切 11月26日(月)18:00まで 定員30名(定員になり次第締め切らせていただきます。)
参加費 無料
会場

とかちプラザ

〒080-0014
北海道帯広市西4条南13丁目1

TEL 0155-22-7890

参加特典 カンタン5ヵ国語コミュニケーションツール/インバウンド外国人対応お役立ちガイド

掲載内容は変更される可能性があります。予めご了承ください。